中足骨痛

足の裏の痛みでお悩みなら「らくじき」を試してみませんか!

中足骨痛

写真の黒い部分が痛い。ズキズキと痛い。立っていて力を入れると、痛みのため足をかばうぐらい痛い。本当に大変なことがおきています。横アーチが何らかの原因で変形すると、開張足(横アーチのゆるみ)が起きます。本来、足の裏の空洞の部分が床(靴の中底)に当たります。
この時に摩擦が繰り返し起き、足の裏にタコができることがあります。
着地時に足指を使った歩行が出来ないために起きていると考えられます。

アーチの状態

土踏まずは親指から踵にかけての縦のアーチ、親指と小指が一番地面に近く、その他の3本の指はこの2本の指より高い位置にあるという横のアーチです。そういうアーチがあって足が前後左右にバランスを取り易いように、また指の踏ん張りが利くような構造になっています。
横のアーチは失われやすく、狭い靴を履いていたりすると、足の指の踏ん張りが利かないからアーチを作る筋肉が弱ってアーチが失われるといわれます。親指の隣、2番目の指(人差指にあたる)の付け根が直接地面に打ちつけられて腫れ上がってくる。これを第2中足骨骨頭痛という。

縦アーチ・横アーチ

指の付け根が痛くなるのは、靴の中で足が前滑りをお越し、指がグー状態になり、体重が乗らないため無理な歩行を長時間続けるために起きる現象です。悪化してしまうと、裸足で家の中にいても痛くなりますが、初期のころは靴を履いている時だけが痛いと言われます。靴の種類は関係なく、ヒールが高い低い、スニーカーなどあらゆる靴です。緩すぎる靴を履いていると起きます。
●足の裏全体が痛くなるのは、靴の土踏まずの部分が足の土踏まずに沿わない時に起きます。緩い靴を履くと必ず靴の中で足がずれます。その時に、体重の数倍の負荷が足の裏にかかりますが、土踏まずの位置が毎回ずれれば負担が増大します。その状態を、一日数千歩から一万数千歩、歩けば足は悲鳴を上げます。        

裸族(はだかの種族)は足のトラブルが少ないと言われています。何故か?  靴を履かないからです。裸足で土の上を動き回ります。自然と土踏まずが出来上がります。足に合わない靴を履くことで、足そのものに負担をかけすぎ、足を痛めてしまっています。

らくじきの形状
らくじきの使い方
使用位置

上の写真は、当社のオリジナルインソール。立体インソール「らくじき」(別名:足の守護神 フットアシスト)
●らくじきの裏面には形、大きさの異なる4個の立体クッションから、成り立っています。
●この立体クッションのバランスにより、靴に敷いて歩いた時は今までに体感したことのない、やさしいソフトな足ざわりになります。
●靴に敷くと写真のように両サイドが立ち上がり、足を両側から包み込むようになります。
●歩行時に、体重がかかる箇所に4個のアーチクッションがほどこされているため、足の裏の痛みや違和感を緩和してくれます。
●靴を履いていて、足の裏が痛いということが、経験ありますか?この立体インソール「らくじき」を使用すると、足の裏の痛みや違和感が、嘘のように楽になります。
●履いたときに、皆さんが、あ~らく~~~と言われた言葉が商品名の「らくじき」となりました。

お支払い方法

• 銀行振込み
 お振込み手数料はお客様のご負担になります

• 代金引換
 注意:代金引換の際は、別途代引き諸経費390円必要です。

お問い合わせ

電話:059-226-7336

FAX: 059-271-8866

E-mail:fukuwago@inetmie.or.jp

発送に関する情報

基本送料は200円(ゆうパケット)

配達時間指定は出来ません。(ポストに投函されます)

代金引換を希望されるお客様は送料以外に別途代引き諸経費390円のご負担をお願いいたします。
配送先の国: 日本
海外の発送については担当者との話し合いです。
●ご購入が、6足以上もしくは12,000円を超えますと送料が無料になります。ゆうパック配送になります。日時指定が出来ます。