足を守るインソール「らくじき」

「らくじき」とは間違いなく足裏の横アーチ・縦アーチを作るものです。全面インソールではなく部分インソールだからです。

靴販売を専門に行いシューフィッターを取得し、いかに足に優しく意味のあるインソールになるかを考え出した結果が「らくじき」なのです。指先を遊ばす形。踵部分の深さを保つ形。土踏まずを支えますが、内側だけを支えると外側に流れてしまいO脚化していきます。

「らくじき」は外側も支える工夫がされています。だからこの形が特許取得になっています。

足の痛みの多くは、横アーチ・縦アーチの変形を言われます。当社「らくじき」を敷いた靴を履くと99%のお客様が横アーチ、縦アーチの違いがわかりますと言われました。東急ハンズインソール売り場の実演販売にて。だから、足の痛みが緩和します。

日本足外科学会学術集会

整形外科医であり足・脚に特化された先生方の集まりです。

平成30年12月14日15日と第29回日本小児整形外科学会学術集会に出展、出品させていただきました。

平成29年11月9日10日と第42回日本足外科学会・学術集会に初出展、出品させていただきました。
「らくじき」を使用して頂き、整形外科医から見た足の構造に適したインソールとの高評価を多くの先生がたから頂きました。
らくじきを使用すると足の指が使いやすくなる。足裏のバランス改善をすることで、背筋を伸ばしてしっかりと歩行することが出来るため、体中の痛みから解放されます。らくじきの使用により、体重分散をし、中足部を絞めることにより足幅が広がりません。
大きすぎる靴は足に良くないので、世界で唯一靴の横幅を狭くすることのできるインソールです

お客様のブログを発見

お客様のブログを見て、掲載OKと許可を得て、アップしました。

私の商品説明より素晴らしくわかりやすことと、使用目的まで書かれています。参考にして頂けると、正しい使用が出来ます。

https://ameblo.jp/rose-quartz29/entry-12421932845.html

ハイパー超らくじき

 注文フォーム

http://ws.formzu.net/fgen/S76649250/

 

お支払いは、銀行振り込み又は、代金引き換えになります。(代引き諸経費:400円必要)

らくじき

らくじき使用例
らくじき使用例
らくじき使用例
らくじき使用例

 注文フォーム

http://ws.formzu.net/fgen/S76649250/

 

お支払いは、銀行振り込み又は、代金引き換えになります。(代引き諸経費:400円必要)

らくジェル

らくジェル使用すると
らくジェル使用すると

注文フォーム

http://ws.formzu.net/fgen/S76649250/

 

お支払いは、銀行振り込み又は、代金引き換えになります。(代引き諸経費:400円必要)

 


左画像が「らくじき」の裏面になります。不揃いの凹凸が4個あります。凹凸の間に溝があり、厚みを均等にしないことで、足の裏によりフットし、インソールが自由に足の動きに同調するように作成しています。厚みがあるインソールなのに、窮屈を感じない、靴の中に敷くと立体的になる世界で初めての横敷き。

横を窮屈にすることで、靴の中の足のズレが極端に少なくなります。

足が靴の中でズレないと足指に自然と体重が乗りやすくなります。(歩行時の体重移動がスムーズなり指を使う歩行ができやすくなります。

らくじきの裏は何故4個のパッドを使いサイドからはさむのか・・・・・大事な理由があります。
足の裏の1部分を持ち上げるとバランスが必ず崩れます。真ん中だけ上げると、左右にふらつきます。内側だけを上げると体重が外に逃げます。O脚足になる可能性があります。反対に外側だけを上げれば、体重が内側にかかりすぎX脚になる可能性があります。

後ろを上げすぎると前に力がかかりすぎるために前にもパッドが入っています。両サイドから足を挟むと足裏にアーチができやすくなります。5本の指とかかとが靴の底に当たり、真ん中の部分が「らくじき」によって支えられます。

自然とアーチができる構造になっています。
●部分的な補助材との違い
一番よく目にするのが土踏まずの部分を補強しようとするアーチサポート。
これ本当に大丈夫?土踏まずをしっかり補強して内側から一部だけを上げれば、外側に傾きが出ます。
少しの傾きと言われるかわかりませんが、人間のからだの左右の脚の長さの違いは5ミリ~8ミリと言われています。

そこに意識して、部分的に厚みを加えればバランスを崩し、尚且つ外側に力がかかる、すなわちO脚に自分からしていることになります。
このように、部分的には、簡単でお手軽のように考えられますが、足のバランスを考えれば非常に危険と考えます。
●「らくじき」は靴の中で足が非常にバランスよく入られるように工夫してあります。 

●「ハイパー超らくじき」は超高性能衝撃吸収素材を使用することで、足の裏に感じる痛み、違和感を軽減します。
従来のらくじきの技術・構造をいかし、3ミリの厚さの硬質低反発素材を使用し、素材を根本的に見直し、従来の「らくじき」に比べて超軽量化、ソフト感に成功しました。硬いけど柔らかい。持つと軽い、靴にセットすると異常なぐらいに足にフィットします。
オーダーインソールのように、足にピッタリとフィットします。