種子骨痛

歩いたり走ったり踏み込んだ時などに母趾球部に痛みがあります。その部分を指で押したり、足の親指を強制的に手で反らすと痛みが出ます。症状が進行すると足を地面につけただけでも痛みがあり、歩行も困難になってきます。陸上競技やバスケットボールなどのよく走るスポーツに多いとされています。その他、空手や剣道など踏み込み動作の多い格闘技にもよく見られます。

種子骨

種子骨の周りには筋肉や腱が集まっています。こういった 筋肉や腱が効率よく動く手助けをしているのが種子骨です。この種子骨が炎症を起こすのが種子骨障害です。ときには種子骨が骨折したり、骨壊死することもあ ります。

ランニング動作時に地面を蹴り出すとき、足底筋は緊張し、種子骨には引っ張られる力が加わります。この牽引力により、種子骨が炎症を起こし、痛みが出現します。
また、踏み込み動作による地面からの衝撃が種子骨に繰り返し加わり、発生することもあります。
その他、先天的に内側の種子骨が2つに分裂している場合(分裂種子骨)があり、これが痛みの原因となっているケースもあります。土踏まずがしっかりし過ぎている甲高の足(ハイアーチ)は種子骨障害になり易い傾向があるので注意が必要です。

治療

保存治療

●原因となったスポーツや労働などを制限します。 ●炎症を抑えるために薬を使用します。 ●骨折などの場合は、固定や荷重をかける制限を行うこともあります。 ●テーピングで母趾へのストレスを軽減したり、他趾との機能連携を改善します。 ●クッション性の良い靴や、母趾が反りにくい靴底を選びます。 ●インソールで痛む部分の除圧をします。

らくじきの秘密

らくじきの裏は何故4個のパッドを使いサイドからはさむのか・・・・・大事な理由があります。
足の裏の1部分を持ち上げるとバランスが必ず崩れます。真ん中だけ上げると、左右にふらつきます。内側だけを上げると体重が外に逃げます。O脚足になる可能性があります。反対に外側だけを上げれば、体重が内側にかかりすぎX脚になる可能性があります。
後ろを上げすぎると前に力がかかりすぎるために前にもパッドが入っています。両サイドから足を挟むと足裏にアーチができやすくなります。5本の指とかかとが靴の底に当たり、真ん中の部分が「らくじき」によって支えられます。
自然とアーチができる構造になっています。部分的な補助材との違い一番よく目にするのが土踏まずの部分を補強しようとするアーチサポート。これ本当に大丈夫?土踏まずをしっかり補強して内側から一部だけを上げれば、外側に傾きが出ます。
少しの傾きと言われるかわかりませんが、人間のからだの左右の脚の長さの違いは5ミリ~8ミリと言われています。そこに意識して、部分的に厚みを加えればバランスを崩し、尚且つ外側に力がかかる、すなわちO脚に自分からしていることになります。
このように、部分的には、簡単でお手軽のように考えられますが、足のバランスを考えれば非常に危険と考えます。
「らくじき」は靴の中で足が非常にバランスよく入られるように工夫してあります。

お支払い方法

• 銀行振込み
 お振込み手数料はお客様のご負担になります

• 代金引換
 注意:代金引換の際は、別途代引き諸経費390円必要です。

お問い合わせ

電話:059-226-7336

FAX: 059-271-8866

E-mail:fukuwago@inetmie.or.jp

発送に関する情報

基本送料は200円(ゆうパケット)

配達時間指定は出来ません。(ポストに投函されます)

代金引換を希望されるお客様は送料以外に別途代引き諸経費390円のご負担をお願いいたします。
配送先の国: 日本
海外の発送については担当者との話し合いです。
●ご購入が、6足以上もしくは12,000円を超えますと送料が無料になります。ゆうパック配送になります。日時指定が出来ます。