ハイアーチには立体インソール「らくじき」を!

ハイアーチの方は足そのもののクッションが少ないと考えられ弾力の少ない為、衝撃吸収が苦手です。足の裏の痛みや、カガトの痛みが出ることがたくさんありますし、足裏のバランスも崩れやすいです。インソールを使うことで改善しますが治ることはありません。

改善点は、バランスが良くなり、つまずきが軽減すると言われ、膝・足首の負担が軽減されたと言われます。タコ・マメが出来ますが、

出来るまでの日数が伸びると言うコメントを頂いています。「らくじき」を使うと楽になると言われます。

●ハイアーチによる足の痛み

足に痛みがある危険性!痛みがある。我慢する。一番危険です。痛みがあると、痛みの部分をかばう為、必ずかばい足になります。足にひねりや、ゆがみができ左右のバランスを崩し、足の痛みのほか、膝の痛み、腰の痛みなど複合的に痛みを発症する可能性があります。

体の重みを踵や親指と小指の付け根の点で支えることになるので、足前部や踵に大きなタコや角質が出来ます。又、前足部と踵への負担が大きいので脹脛や足の裏が疲れやすく、よくつることもあります。そして衝撃を上手く吸収できないので、膝や腰にも負担がかかりやすくなります。らくじきは、足のトラブルで悩んでいる方が靴を快適に履くためのサポート商品です。

痛いと言われる足状態

タコの状態
タコの状態
足裏の形状
足裏の状態
ハイアーチの確認
ハイアーチの確認
アーチに状態
アーチの状態
アーチの状態
アーチの状態

店頭で実際のお客様の足裏を撮らせて頂きました。左写真を見ていただいてわかるようにタコでお悩みの状態です。フットプリントを撮れせていただきました。赤い丸の部分がタコの状態です。ここまで大きく、硬い状態ですと普通歩行が困難なため、かばい足をすることにより、膝や腰を痛める可能性が非常に高いと考えます。この時は、本人や家族の方もハイアーチと言う言葉をご存知なかったようです。お客様の足を観察し、フットプリントを撮り、調べることで判断をした結果ハイアーチを疑い足裏の力の入り方のバランスに問題があると考えました。お客様の足の問題点はハイアーチと、靴サイズと足サイズの違い(合わない靴を履き続けている)のため、靴の中で足が滑って摩擦によりタコができていると説明をさせて頂きました。

私自身が診察は出来ますが、診断は出来ませんし、すれば医師法違反になります。私からは、ハイアーチの疑いがあります。整形外科に受診を勧めましたが、今、痛い足を楽にしたいと言われました。

対策

タコの状態がひどすぎるのでタコ取りで削り、少し小さくし、足を地面に着地した時に少しでも楽になる状態を作り、当社のオリジナル特許商品立体インソール「らくじき」を敷いていただきました。来店頂いた時と全く違うと言われ、歩き方も足裏全体を使う歩行でした

後日、お客様からコメントを頂きました。

加藤 様     こんばんは。  先日は、本当にありがとうございました。 来るときには、足取り重く、足をかばいながら歩いてきましたが、帰りには、痛みが軽減して、歩くスピードも上がり、本人も驚いていました。当たる場所が違うので、違和感があると言っていましたが、慣れてきたようです。今日、仕事から帰ってくると、足全体(足裏だけでなく、腿に至るまで)疲れ方が全然違う、助かった!!と、本当に喜んでいました。 私も、とても嬉しいです。 足裏のタコは、電動やすりで、電池を3回替えるほど 削りました。

 だいぶ平らになってきて、今まで、苦労してタコを取っていたのが ウソのようです。 本当に、このように足が楽になる日が来るのは、  夢のようです。 感謝しています。 人生変わるといっても、過言ではないですね! 経過とともに、ご報告させていただきました。

ハイアーチを少しでも楽にする

らくじきの使用位置
らくじきの使用位置

ハイアーチそのものは、先天性です。病気ではありませんが足裏の着地時のバランスに問題が起きることがあります。歩行時によくつまづく。よろける。転倒する。ほかの病気と重なることもありますが、健康時にこのような症例が起きるようでしたらハイアーチを疑うといいと思います。

通常、立ち姿勢が前重心になるので、インソールを使用して歩行時の体重バランスを後ろに持ってくることと、土踏まずを気持ちよく支えることが出来れば非常に楽になります。

らくじきを数年販売をしていますとお悩みのお客様が継続使用をして頂き喜んでいただいています。

一番簡単な方法「らくじき」を試してください。

正しいアーチの状態
正しいアーチの状態
正しい状態
正しい状態
浮指になっている
浮指になっている
縦アーチ・横アーチ
縦アーチ・横アーチ

健康な方の足の裏は3点で歩行します。何らかの原因でアーチが崩れると、2点歩行になります。カカトを付けて 次に、外ふまず部を後部から徐々に前方にいきます。そして小指の付け根に達したら、足底を横切って親指の付け根までローリングさせ、そのまま親指の反りになり、力を次第に親指爪先部へ移動し、最後に各指で地面を強く蹴って前進します。そして、足は、自然のクッションを持ち合わせています。それが、俗にいう、縦アーチと横アーチです。歩行のとき、これらのアーチが、足にかかる体重の負荷をやわらげ、スムーズな歩行のためのバネとして働いています。このように足は、歩行のとき形が変化します。当然、座位(座っている状態)と立位(立っている状態)とでも、足にかかる体重の変化により足の大きさ(足長・足幅・足高(甲の高さ))は、変化します。

お支払い方法

• 銀行振込み
 お振込み手数料はお客様のご負担になります

• 代金引換
 注意:代金引換の際は、別途代引き諸経費400円必要です。

お問い合わせ

電話:059-226-7336

FAX: 059-271-8866

E-mail:fukuwago@inetmie.or.jp

発送に関する情報

基本送料は200円(ゆうパケット)

配達時間指定は出来ません。(ポストに投函されます)

代金引換を希望されるお客様は送料以外に別途代引き諸経費400円のご負担をお願いいたします。

配送先の国: 日本

●ご購入が、6足以上もしくは12,000円を超えますと送料が無料になります。ゆうパック配送になります。日時指定が出来ます。

配送先:海外希望のお客様

”海外発送しておりますのでメールでご連絡ください”