モートン病にはアーチができる「らくじき」をお試しください

足のトラブル・お悩みなら「らくじき」を敷けば必ず状況が変わります。敷くだけで100%アーチが保護されます。

モートン病とは

モートン病とは、足指の付け根に痛みが生じる疾患です。

指の間を走っている神経がコブのように腫れている事から、別名「モートン神経腫」とも言われています。

この「神経腫」が、中足骨(ちゅうそくこつ)やそれを支える深横中足靭帯(しんおうちゅうそくじんたい)に挟まれたり、圧迫される事により痛みが生じます。

モートン病の特徴は、歩いている時や立っている時など、足底に体重が乗る事で症状が強く現れます。

 ピリピリとしたシビレ,足の付け根や指先の知覚異常,ザラザラとした砂やコリコリとした豆を踏んでいるような感覚,足の付け根の熱感、灼熱感初期であれば、神経腫を触診で確認できない事がほとんどですが、症状が進行すると、視覚的にも神経腫の腫れを確認できるようになります。

モートン病は「中指と薬指の間」に好発すると言われています。

その次に多いのは「人差し指と中指の間」で、まれに「薬指と小指の間」にも症状が中指と薬指の間は 「内側足底神経」と「外側足底神経」の2本の神経の枝が合わさって構成されています。2本の神経が合わさっているため、他の部位よりも刺激に過敏であり、神経腫が出来やすいのです。


偏平足、ハイヒールをよく履く、サイズの合わない靴を履いている、硬く、重たい素材の靴を履いている、硬い路面でランニングする、

つま先立ちをよくするなどこれらの要因によって「足のアーチ構造」が崩れ、足の神経に刺激が加わり、痛みが出やすくなると考えられているのです。この事から、一般的な病院や治療院では「足のアーチ」を作るために、インソールの着用や靴の買い替え、足の矯正などがよく行われます。

整形外科医でも間違える対策

番組コメントの中で靴の横幅の広い靴を選び履きなさいと言われました。

幅の広い靴であれば楽になると思います。

靴の正しい履き方、選び方。

靴の横幅が広い靴を履けば、足は絶対に前滑りをしてしまい、足が前に滑り落ち足の広い部分が靴の狭い部分に当たって圧迫されます。

紐靴などを選び、靴のカカトに足の踵をフィットさせます。指先に約1㎝位の余裕を待たせます。この時に横幅の締め具合を調整します。

紐靴であれば横幅調整がしやすいです。

紐靴であっても調整せずに履いている方も見えますが、スポーツ選手は靴の履き方に注意をされています。足、靴がすべてです。

当社「らくじきインソール」の効果

靴の中に「らくじき」を敷き、靴を履くとなんと7度も改善されたと岡崎南病院整形外科部長 柴田義守 先生から連絡を頂き、医学書に紹介されました。アーチサポートがされ骨と骨の間に隙間が出来ます。モートン病で痛い神経種を圧迫から解放させます。

神経種は骨と骨の圧迫で擦れて痛みとなります。

足の横幅と言われる部分を手で挟んでみると、指が100%解放されます。足裏を持ち上げることでことで簡単にアーチ改善が行えます。

靴に敷くだけでアーチサポートが出来ます。

私個人がモートン病が起きる可能性と対策方法

シューフィッターを長年していて、販売ではなく今履かれている靴を見て感じることの多くは、靴幅が広すぎて足が前に滑り落ちている方が沢山見えると言うことです。EEE・EEEEと靴の裏面に書かれていることがあります。これは靴の横幅を意味しています。

幅が広いと楽と思われますが絶対に広いと前に滑り落ちます。前に行けば靴の構造上、狭いです。その狭いとことにいれば、モートン病になったり、靴が脱げやすくなり、ハンマートゥになったり外反母趾履かれる靴で起きることが考えられます。

対策

らくじきインソールを使用すれば、絶対に指を圧迫しません。足の甲を密にすることで前滑りを止めます。適正な横幅の位置で足が止まっているので、横幅を圧迫されることはありません。100%アーチが出来ています。(らくじきを敷いている時間)

足裏を保護するインソールです。足の専門整形外科医も認めて頂いています。

モートン病と言われる病気の対処方法のなかで、安全、安心で効果的な方法があります。

●手術をやらない方法として神経を開放を勧めておられます。

手術をしないで簡単に痛みを消す方法

足の裏にゴルフボールを敷いています。

100%アーチが出来上がります。

骨と骨の間隔が縦・横に広がります。モートン病の為に神経が触れている骨と骨から離れます。痛みは大きく軽減します。

骨に触れている神経が圧迫から解放することで、痛みが大きく変化します。らくじき類インソールを使用して痛みが軽減できない時は、手術をお勧めします。

100%アーチが出来上がるインソール「ハイパー超らくじき」「らくじき」をお勧めします。

足裏に縦・横のアーチが出来上がれば足の裏にかかる衝撃も緩和されます。

らくじき類を敷く時は、普段お使いの靴をそのままお使いすることが出来ます。

靴サイズを変更することはありません。

モートン病・なぜ・疑問

足に起きる多くのトラブル、病気がありますが、モートン病だけが原因は靴(靴の履き方)と言われます。

何も考えずに靴を購入しているあなた、危険です。正しい靴選び、履き方からチェックしてください。

原因が見えてきます。原因を正しく対処すれば、お悩み解決です。

らくじきを使用すればアーチが100%変わります。

   手の下には何もありません。この状態に・・・・➡

ゴルフボールを敷いています。アーチが絶対の出来ます。


同じ手ですが、アーチが出来上がると骨と骨の間が広がります。パーをしている状況ではなく、骨の間が上下に広がります。

圧迫されていた神経が解放されます。手術をすると言う不安が解消されます。

モートン病対策には立体インソール「ハイパー超らくじき」を!

『モートン病の要因は靴』足に合わないサイズだと足が前にスベル。前に行くと足の横幅を締め付ける。

立体インソール「らくじき」でアーチサポート!絶対にアーチが出来ている。(使用中)

整形外科 足の専門医がお勧めするインソール。モートン病対策に立体インソール「らくじき」を。

モートン病は靴の中で足がズレ、横幅を圧迫することが原因。

「らくじき」を使い、足裏をホールドすることによりアーチサポートが出来上がり、ズレを防ぎます。「らくじき」は特許構造により、開いた骨格や曲がった骨格を修正する事により痛い足の痛みを和らげます。

モートン病と上手に付き合う方法

足に痛みが起きなければ、足を痛めていることを感じさせません。整形外科に行くと、保存療法と言うことで漠然とインソールを勧められます。インソールを敷いた時に、上手く足裏が湾曲されれば、モートン腫が骨と骨に圧迫から解放され神経に触れないと痛みは消えます。市販されている立体インソール「ハイパー超らくじき」は絶対に、縦アーチ・横アーチが出来ます。(履いている時間)。

痛い足が楽になります。

商品名:ハイパー超らくじき   婦人用  紳士用

「衝撃吸収をより高度化した新商品!」

 

ハイパー超らくじきは、足裏を両側から包み込み、縦アーチ・横アーチを人工的に作る構造です。靴面に当たる部分に高反発(発砲ウレタン)素材を使用することで衝撃吸収が優れています。又、足裏に当たる部分に硬低反発素材を使用することで足裏の形状に変形し、オーダーインソールのような感覚で履くことが出来ます。縦アーチ・横アーチを人工に作りながら高反発、低反発の組み合わせにより衝撃吸収をさせ足裏の痛みを緩和することができます。婦人用サイズ:21.5センチから25.5センチ対応。紳士用:24.5センチから29.0センチ対応。

¥5,500

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日

モートン病では、骨と骨の間の神経が圧迫され、痛みやシビレが起きます。一度、発症すると完治しにくく、対処方法が限られてきます。インソールによる靴調整か整形外科による外科的治療になります。神経の圧迫により、第3と第4の足趾の間に痛みが生じます。(中年以後の女性に多く、23趾間にも見られます)長い間、狭い窮屈な靴を履いていると足の骨をまとめて圧迫します。 緩い靴も足が前に滑り落ち、靴の狭い部分に足の広い部分ができ、足の骨をまとめて圧迫する恐れがあります。適度な靴を履くのが一番ですが人には右と左で足のサイズが違うので最適な靴かどうか難しいのが現実です。

 整形外科足の専門医がおすすめする立体インソール「ハイパー超らくじき」試してみてください。

足裏をハサミ、下から持ち上げます。必ず、縦アーチ・横アーチが出来ているのがわかります。

■モートン病対策には立体でアーチを作る

“モートン病”の原因は靴と言われています。靴サイズと足サイズが違う靴を履いていると、病気になる恐れがあります。特に緩く感じる靴を長時間履いていてることが危険です。緩い靴を履き続けると足が前滑りをおこし、足の横幅の広い部分が、靴の横幅の細い部分に収まるようになり、足の横幅を痛めてしまうことで、“モートン病”を発症させてしまうと考えられます。

 

”モートン病”で痛い足を楽にするには、横アーチ部分の過度の圧迫解放と横アーチの改善をお勧めします。

 インソールを使うことでアーチを作りますが、どこの会社のインソールでもアーチが出来るとは限りません。

 

特許取得の当社のインソールは横アーチ・縦アーチを同時に持ち上げるとともに、靴の横幅を狭くし、前滑りを止めると同時に足裏の広い部分を靴の横幅の一番広い部分に合わせることが出来る立体インソールらくじきを使用すると痛みが緩和します。

特許取得の立体インソール「ハイパー超らくじき・らくじき」は絶対に使用中アーチが出来ています。体感してください。

インソール購入

お支払い方法

• 銀行振込み
  お振込み手数料はお客様のご負担になります

・クレジットカードによるお支払い

• 代金引換
 注意:代金引換の際は、別途代引き諸経費400円必要です。

お問い合わせ

電話:059-226-7336

FAX: 059-271-8866

E-mail:fukuwago@inetmie.or.jp

発送に関する情報

基本送料は200円(ゆうパケット)

配達時間指定は出来ません。(ポストに投函されます)

代金引換を希望されるお客様は送料以外に別途代引き諸経費400円のご負担をお願いいたします。

配送先の国: 日本

●ご購入が、6足以上もしくは12,000円を超えますと送料が無料になります。ゆうパック配送になります。日時指定が出来ます。

配送先:海外希望のお客様

”海外発送しておりますのでメールで連絡ください”


足の痛みを我慢してはダメ!

”モートン病 ”による足痛みがあると、痛みの部分をかばう為、必ずかばい足になります。足にひねりや、ゆがみができ左右のバランスを崩し、足の痛みのほか、膝の痛み、腰の痛みなど複合的に痛みを発症する可能性があります。本来の足の痛さ以外に痛みが出たときはまずは、最初の足の痛みを疑ってください。
●足の治療をするなら日本足の外科学会会員所属の病院名一覧 専門医による手術
●足の痛みを緩和するなら当社の「らくじき」を使用すると驚くほど楽になります。
個人差はありますが、痛みを感じなくなる方がほとんどです。らくじきは、足のトラブルで悩んでいる方が靴を快適に履く為のサポート商品です。靴を履いている時は、痛みが軽減し足が楽です。又、靴脱げ予防により歩きやすくなります。

靴を履いている時に、靴の中で足のズレを防ぐことでモートン病の神経種を圧迫から解放させます。

靴を正しく履けるようになるのが立体インソール「らくじき」です。

もっと詳しく知りたい方へ

 足に痛みがある痛い足に力を掛けないかばい足になる(足をかばう)足を引きずり、ゆがんだ歩行他の部位に痛みが発症

足に痛みがあると絶対にかばい足をします。必ず、他の場所を痛めます。お客様の生の声です。

痛みを消すのがインソール「らくじき」です。足痛いと感じたら立体インソール「らくじき」をお試しください。

”モートン病”で痛い足を楽にするには、横アーチ部分の過度の圧迫解放と横アーチの改善をお勧めします。
 インソール対策をお勧めします。横アーチ・縦アーチを同時に持ち上げるとともに、靴の横幅を狭くし、前滑りを止めると同時に足裏の広い部分を靴の横幅の一番広い部分に合わせることが出来る立体インソール”らくじき”を使用すると痛みが緩和します。

靴の中に敷くだけ、簡単です!

ハイパー超らくじきは特殊な低反発素材を利用

特殊な低反発素材を見つけてくれました。

150㎝の高さからゴルフボールを落下させてみました。一度、コンクリートに弾んだボールも次にはピタリと止まりました。

直接落としたボールは弾むことなく止まりました。

凄い衝撃吸収マットです。

低反発素材と聞くとスポンジのような柔らかさを思い浮かべることもありますが、実際には少し硬いです。


一枚のシートにすると足裏の力のかかった部分だけが凹み、力がかからない土踏まずの部分は凹みません。当社立体インソール「ハイパー超らくじき」はこの素材を組み合わせています。靴全面に敷くと靴の内径が小さくなり、サイズが合わないこともあります。

当社のインソールはすべて、指の付け根から土踏まず部分の後ろまでをサポートします。

インソールで力のかかる部分を柔らかくすると歩行時に負担がかかり過ぎ、非常に疲れが出ます。(砂浜を歩くと疲れませんか?ほどほどの硬さが必要です。

インソールの形状がつま先、踵部分がありません。靴の内径の小さく狭くなるのを最小限にしています。通常のサイズを変える必要がありません。靴のインソールはそのままお使いください。

土踏まずがしっかりサポートされています。陸上長距離の選手の「らくじき」です。1日20キロ位を週5日走り込みます。足裏が悲鳴を上げています。負担軽減になるのと指に力が入るそうです。


      「らくじき」は、横アーチ・縦アーチを同時に持ち上げる構造。「らくじき」のオリジナル構造。

平成29年11月9日、10日と第42回日本足外科学会・学術集会に初出展、出品させていただきました。「ハイパー超らくじき」の完成前サンプルを使用して頂き、整形外科医から見た足の構造に適したインソールとの高評価を多くの整形外科医から頂きました。

平成30年12月14日、15日と第29回日本小児整形外科学会学術集会に出展、出品させていただき、「ハイパー超らくじき」を多くの整形外科医に体験をして頂き、間違いなくアーチが持ち上がっているとコメント頂きました。

■  モートン病に適したインソールの形 整形外科医の思う形

モートン病の足裏の支える位置
モートン病の足裏の支える位置
モートン病の足裏の支える位置
モートン病の足裏の支える位置
らくじき使用イメージ
らくじき使用イメージ
らくじき使用イメージ
らくじきの使用イメージ

整形外科に足の痛みで受診したところ、”モートン病”(モルトン病)と診断されたそうです。市販で販売されているインソールを購入するように勧められました。患者さんはどのようなインソールを購入したらよいかわからず整形外科医に質問をしたところ、上の図を描いてくれたそうです。写真はらくじきを足につけたところを撮影しました。整形外科医が書いてくれたモートン病対策インソール図と「らくじき」は似ています。

モートン病・中足骨痛・外反母趾・内反小趾・足底腱膜炎・偏平足・ハイアーチ・種子骨痛など足裏に痛みがあれば立体インソール「らくじき」をお試しください。病気を治すことは出来ませんが、痛みにより出る身体のバランス崩れによる膝、足首、腰などに出る痛みを予防することで悪化を防ぐことが出来ると考えられたインソールです。