パンプスの靴脱げ・かかと抜けでお悩みなら立体インソール

パンプスの踵が脱げる本当の理由は、横幅、甲の周りが合わない状態で靴を履いているからです。反論される方、足の踵とパンプスのカカト部分を合わせてみて下さい。足は後ろに下がり、甲の部分が緩くなります。前にスベリ落ちているから脱げるのです。

絶対にしてはダメなこと

つま先の空間部分にスポンジや柔らかいものを詰める。詰め物を入れる。なぜダメか!地面を蹴るときに足指に力が入ります。

その時に、指に何かが当たると条件反射をしてしまい、指を曲げたり、縮こめたりします。足裏に力がスムーズに伝わりません。

靴のカカトの部分にパットを張り付ける。一見よさそうに思えますが、現実的には効果は薄いと思います。

簡単な対策

パンプスの基本的な履き方は、指先を圧迫しないタイプのインソールで甲周りを足裏から固定をすることをお勧めします。それでも緩いときに、かかとパットを使用します。立体インソール「らくジェル」は足裏・両脇と3方向から支えるので、足を固定できます。

らくジェル
らくジェル

靴と足合っていますか?

簡単に説明をすると横幅、甲周りが足に合っていないから前に滑っているだけです。靴の踵部分に足の踵をピッタリ合わせます。横幅、甲周りは少しきつい目が良いですが、説明が難しいので心地よい圧迫と言います。履きこんでいるいるうちに少し緩くなります。

少し緩んできたら、薄いインソールで調整をして行きますが、全然合わない時は立体インソール「らくジェル」をお勧めします。

パンプスでこんな経験ありませんか?

踵合わせをすると指先に余裕
踵合わせをすると指先に余裕

パンプスの履き方

写真のように靴の踵部分と足の踵がピッタリと合い、足の甲の部分が心地よい圧迫で抑えられ、指先に余裕がある状態がベスト

指先が綺麗に伸びています。

歩行時に指に体重が乗った時に、間違いなく地面を蹴ることが出来ます。

前滑りをすると指圧迫が起きる
前滑りをすると指圧迫が起きる

危険な履き方

足が前に滑り、靴の踵部分と足の踵が離れてしまうと、踵がパカパカと脱げてしまいます。同時に指先に力を入れて歩くために痛めたり、足の裏、指の付け根が痛くなり

ひどくなると、足指がハンマートゥになったり、横アーチの変形の原因となります。

つま先クッショントラブルの元
つま先クッショントラブルの元

危険な履き方

写真のようにつま先に詰めたり、踵部分にパットを貼り付けることがありますが、私はお勧めしません。靴の縦の長さが短くなり、指先に負荷がかかり過ぎ足の病気を誘発する可能性があります。このような状態で一日中歩けば足は必ず悲鳴を上げます。


らくジェルを敷いた状態
らくジェルを敷いた状態

踵部分、つま先部分にインソールがありません。靴のサイズを小さくしないためです。指先を圧迫することはありません。土踏まず部分を内側から外側まで包み込み込みます。人工的に縦・横アーチを作り出すと同時に足裏を支えます。足裏のバランスとクッション性が向上し、甲周りを狭くすることで靴の中での前滑りを防ぐとともに踵脱げを防ぎます。又、外側からも足裏を支えることでO脚化を防ぐ効果もあります。

らくジェルを使用するとどれくらい脱げなくなるか!

正しく靴を履くことが出来る
正しく靴を履くことが出来る

指先に空間が出来ています。指先を圧迫することはありません。

土踏まず部分がフィットし、緩いと感じる踵部分がフィットします。安定した履き心地が確保されます。自然に踵から指先に対し、足裏から伝動できます。安定した歩行とバランスの良い歩行が出来ます。簡単にいえば、美しい歩行が出来るようになります。

 

 

パンプスの靴脱げ対策


実際のお悩み対策商品「らくジェル」「グッドらくらく」使った方しかわからない本物の良さ!

甲ベルトではないので、パンプスのカカトと足の踵がピッタリとフィットします。甲ベルトは使用中に、前にベルトがズレルことがありますが、「Good Rakuka×2」はズレルことなく安心して歩くことができます。