関節リウマチ

関節リウマチの「足病変」は、他の部位と同様に関節や腱鞘での滑膜炎が続き関節が壊れるだけでなく、外反母趾や扁平足など様々な変形をきたします。関節炎、関節破壊による痛みだけでなく、変形からできるタコやウオノメによる痛みも加われば「立つ」「歩く」といった基本的な機能にも障害が及ぶため、生活の質を著しく低下させてしまいます。

痛いリウマチ

関節リウマチの症状としてよく知られているものに、手指の関節炎やこわばりがありますが、なかには足部から発症される方も見えるそうで、手に次いで多い発症部位となっているらしいです。

手指の関節に腫れ、痛みや朝のこわばりがあるときは、関節リウマチを心配して受診されるそうですが、足の痛みで整形外科を受診された時は、関節リウマチとは思っていなかったと言われる方が見えるそうです。  

関節リウマチの治療を開始されている方の中でも、足の痛みが関節リウマチによるものと考えていないため、診察の際に足の症状を訴えない場合も少なくないそうです。関節リウマチによる足の病変が見逃されやすい傾向にあるそうです。

足から発症される方の場合、最初に痛みを感じる部位として多いのは前足部、足のゆびの付け根の関節と言われます。歩行時などの動作を行った際に痛みや違和感があり、気がつくことが多いと言われます。

足部の関節炎を放置すると、関節破壊や変形の進行を招くことがあり、治療開始後に足部の関節炎が治まった後に足以外の関節痛がなくなっていても足の痛みや違和感が続いていることがあるそうです。

リウマチにおける足の変形

関節リウマチのために起こる足の骨の変形には、外反母趾、内反小趾、開張足、扁平足、ハンマートゥなどの変形があるそうです。

対策として

ハイパー超らくじきと言う商品を保存療法として使用することをお勧めします。

ハイパー超らくじきは裏面は、硬反発素材を使用し、表面は少し硬めの低反発素材を使用しました。この構造は、実用新案に登録されています。

高反発素材を使用しているので素材が変形しても衝撃を凄く吸収します。又、表面には硬めの低反発素材を使用することで、オーダーインソールのように足裏がフィットし、衝撃を吸収します。

最大の特徴が、足裏に感じる凹凸感が全くなく足裏がフラットに感じると言われます。

足に合う方は、全く痛みを感じないので驚きしかないと言われます。

商品サンプルを体験して納得の上、お買い求めください。

最初は、恐る恐るお試しをされますが、靴の中で敷いいて履いて歩いて頂くと顔の表情がすぐに変わります。驚きの表情と意外性の表情になります。

表現は悪いかもしれませんが、足裏におけるトラブル対策として万能の機能を持ち合わせています。

足裏に敷けば必ずアーチが出来ます。薬事法にも医師法にも絶対に触れません。安心してご使用できます。

唯一、欠点があります。靴下の素材、ソックスの素材、元々の靴との相性によってはズレが起きる可能性があります。対策として両面テープを貼ることもありますが、じゅうたんの滑り止めシート(300円位で東急ハンズ、ホームセンターにあります)を勧めています。

お客様が、滑り止めシートのことをメールで教えてくださいました。私も使用しています。