パンプスの靴脱げ・かかと抜けでお悩みなら

パンプスの踵が脱げる本当の理由は、横幅、甲の周りが合わない状態で靴を履いているからです。反論される方、足の踵とパンプスのカカト部分を合わせてみて下さい。足は後ろに下がり、甲の部分が緩くなります。前にスベルから脱げるのです。

絶対にしてはダメなこと

つま先の空間部分にスポンジや柔らかいものを詰める。詰め物を入れる。なぜダメか!地面を蹴るときに足指に力が入ります。

その時に、指に何かが当たると条件反射をしてしまい。指を曲げたり、縮こめたりします。足裏に力がスムーズに伝わりません。

靴のカカトの部分にパットを張り付ける。一見よさそうに思えますが、現実的には効果は薄いと思います。パンプスの基本的な履き方は、甲周りをインソールなどでしっかりと固定をすることをお勧めします。それでも緩いときに、かかとパットを使用します。

 簡単に説明をすると前に滑っているだけです。縦サイズが大きいのではなく、横幅が合っていないだけです。よく言われる言葉!横幅は丁度良いですが、かかとが脱げます。根本的な靴の履き方が間違っています。横幅が合っていないので前滑りを起こしています。サイズ選びが間違っています。対策は、甲周りを窮屈にすれば、前に落ちない、カカトが抜けない(脱げない)。

らくジェルは、足裏、両サイドから靴を狭く出来ます。特許商品です。


 写真のように靴のカカトと足の踵がピッタリと合い、甲の部分が心地よい圧迫で押さえつけられ、指先に余裕がある状態がベスト。指が綺麗に伸びています。

(つま先に余裕があり体重が乗った時に指で地面を蹴ることが出来ます。)

 足が前に滑り靴のカカトと足の踵が離れてしまうと、カカトがパカパカと脱げると同時に指先を痛めたり、足の裏、指の付け根に痛みが出ます。指がハンマートウになっています。又、横アーチを崩す原因となります。

 写真のようにつま先に詰めたり、踵部分にパットを貼り付けることがありますが、基本的に縦の長さを小さくするために、足指を痛めたり足裏を痛めたりします。指がハンマートウになっています。長時間の歩行困難や、足を痛めることがあります。


 踵部分、つま先部分にインソールがありません。靴のサイズを小さくしないためです。指先を圧迫することはありません。土踏まず部分を内側から外側まで包み込みます。人工的に縦、横アーチを作り出すと同時に足裏を支えます。足裏のクッションと甲周りを狭くすることで、 パンプスの前滑り、踵脱げを止めます。又、外側からも支えることでO脚化を防ぎます。

らくジェルを使用するとどれくらい脱げなくなるか!

 指先に空間ができています。指先を圧迫しません。土踏まずの部分がフィットします靴のカカト部分と足の踵がフィットします。安定した履き心地が確保されます。自然に踵から指先に対し、足裏からの伝動ができます。安定した歩行とバランスの良い歩行ができます。簡単に言えば、美しい歩行ができます。

 

パンプスの靴脱げ対策


実際のお悩み対策商品「らくジェル」「グッドらくらく」使った方しかわからない本物の良さ!

甲ベルトではないので、パンプスのカカトと足の踵がピッタリとフィットします。甲ベルトは使用中に、前にベルトがズレルことがありますが、「Good Rakuka×2」はズレルことなく安心して歩くことができます。