らくじきの使い方

らくじきの使い方
足と靴が合わなくて足に障害が発生するのを防ぐ中敷(インソール)です。
◎外反母趾の方もらくらく ◎足の裏の痛みをやわらげてらくらく◎長時間歩いてもらくらく
◎横アーチ縦アーチを支え、両サイドから 足をはさみ固定することによりらくらく

足裏の土踏まずを支えると考えてください。絶対につま先まで敷かないでください。上の写真のようにつま先に空間を作ってください。

足を乗せるだけで、縦・横アーチが絶対に出来上がります。足の甲の部分を圧迫して足を前に落ちないようにしています。

しっかりと安定した歩行が出来ます。

当社の「らくじき」は左写真のように4個のアーチサポートがあります。横アーチ、内側縦アーチ、外側縦アーチ、真中を下からしっかりと支えます。 写真のように当社「らくじき」を使用すると、土踏まずの部分を両脇から挟むことにより、横滑りを止めると同時に、土踏まずをしっかりと支えることができます。また、写真で分かるように「らくじき」はつま先までインソールがありません。つま先が窮屈になりません。靴の中で足を安定させ、指先に大きな空間を空け、指に体重が乗るような歩行ができる状態にすることができれば、痛みは改善できます。 

らくじきの長所

使用している時間だけは、絶対に縦・横アーチが出来ています。歩く時に足裏全体を使い、必ず指で地面を蹴ることが出来ます。

靴の中で、横滑り、前滑りを止める効果があります。特許技術における世界で唯一横幅を狭く出来るインソールです。インソールの厚さのわりに靴が窮屈にならないので、サイズを変える必要がありません。インソールを敷くためにサイズアップはしません。

インソールの使いまわしはOKです。一般的に使用できる靴は、スニーカー・ウォーキングシューズ・スポーツシューズ各種・作業靴・

安全靴・長靴・ブーツ・レインシューズなどに使用できます。パンプスやローファやエレガンスシューズには「らくジェル」です。

「ハイパー超らくじき」「らくじき」を実際にスポーツ用靴に使用することも出来ます。たくさんのスポーツ種目の市民スポーツであれば問題なく使用できます。アスリートと言われる世界では、陸上選手やバスケット選手が愛用して頂いています。

らくじきの欠点

他社製品にもいろいろな欠点はあるかもしれませんが、「ハイパー超らくじき」「らくじき」の欠点は、靴の中でズレる可能性があります。絶対にズレないといえません。私本人が、使用していてズレな状態で履いていて、ソックスを変えただけでズレが起きました。

靴下1枚で変わるのが現実です。靴の中で空間を作ることを意識して長所にした反動がズレでした。

欠点対策

インソールを固定すれば簡単なんですが、多くのご利用者様が使いまわしを希望されています。簡単に固定とは言えません。実際にお客様からの声で、じゅうたんの滑り止めシートが良いと言われました。実際に私も試しました。その中で、一番効果がありましたのが、写真の物です。

網目が粘着タイプになっています。粘着タイプなので他の商品と、くっ付かないようにビニール

が張り付けられています。複数のお客様や友人等試してみましたが効果は抜群でした。

今現在、これでダメなときは両面テープでの固定しか思いつきません。

素晴らし対策がありましたら、ご連絡お待ちしております。